目の下のたるみをとるのに効果的なエクササイズをご紹介!

加齢とともに気になってくる目の下のたるみ。

できれば美容整形などに頼らずなんとかしたいですよね。

そこで今回は効果的なエクササイズを調べてみました。

効果的な化粧品も調べてみたので参考にしてみてくださいね。

目の下のたるみに効くエクササイズをご紹介!

目の下のたるみは、眼輪筋という筋肉が衰えることが最大の原因です。

それ以外にも、乾燥による小じわがたるみに見える、洗顔やメイク、クレンジングなどによる摩擦も目の下のたるみの原因です。

眼輪筋は目元をぐるりと囲んでいる筋肉で、目元に表情を作り出したり、目のまわりの血流をよくしたり、涙袋を押し出したりといった働きをしています。

眼輪筋も筋肉の一つなので、使わないとどんどん筋力が落ちていきます。

逆に言えば、エクササイズをすることによって鍛えることもできるのです。

年齢に関係なく眼輪筋は鍛えることができるため、ぜひトライしてみてください。

・目の下のたるみに効く、眼輪筋全体を鍛えるエクササイズ

1.目を軽く閉じます

2.ゆっくりと目に力を入れていき、強く目をつぶった状態を5秒間キープします

3.少しずつ目の力を抜いていきます

4.眉もあげるようにして目をぱっと開きます

5.5秒間目をぱっと開き続け、ゆっくり元の状態に戻します

・上まぶたに効くエクササイズ

1.人差し指を眉に置き、そのまま眉を上にあげるようにします

2.眉は上にあげるようにしますが、人差し指は動かないように眉を抑えます

3.上まぶたが伸びていると感じるところで5秒間キープします

4.ゆっくり元に戻します

・下まぶたに効くエクササイズ

1.口を「お」の形に開き、鼻の下を伸ばします

2.そのまま目線を下げるようにし、目の下を伸ばします

3.下まぶたを引き下げるイメージで目を下に向け、5秒間キープします

4.ゆっくり元に戻します

これらのエクササイズを朝晩2回、なるべく毎日行うとよいでしょう。

最初はどこが伸びているか確認するためにも、鏡を見ながらやるのがおすすめです。

目の下のたるみに対し即効性があるわけではないですが、徐々に効果が出てきます。

ただ眼輪筋も筋肉なので、筋肉痛になることもあります。

その場合はあまり無理をしないようにしましょう。

ツボ押しとマッサージも効果的!

目の下のたるみには、ツボ押しとマッサージも効果があります。

まずツボ押しですが、押すべきツボは目じりの斜め下、骨のくぼみにある「救後(きゅうご)」というツボと、目の下の骨のすぐ上にある「承泣(しょうきゅう)」というツボです。

どちらのツボに対しても、軽く押し当てるようにして刺激してください。

痛いと感じるほど刺激すると逆効果になることもあるので、心地いいと感じる強さにしましょう。

一回につき5回程度が目安です。

次にマッサージですが、マッサージは自己流で強く行ってしまうと逆にしわやたるみの原因になることもあります。

マッサージで目の下のたるみを解消しようという意識ではなく、血行やリンパの流れをよくするというイメージで行うと効果的です。

特に以下の点に注意してください。

・お風呂上りなどの血行のよい状態で行う

・クリームやジェルなどを使い、肌に直接摩擦刺激を与えないようにする

・痛くなく、心地いいと感じる強さで行う

この3点に注意して、目のまわりを優しくなでるようにマッサージしてみてください。

たるみ取りに効果的な化粧品とは?

たるみ取りには化粧品を正しく使うことも大切です。

なぜならば乾燥もたるみの大きな原因だからです。

目元は皮膚が薄く、特に乾燥しやすい部分であり、乾燥すると肌の弾力が失われてたるみにつながってしまいます。

こうした事態を避けるためにも乾燥対策が行われている化粧品を選ぶのが重要なのです。

また、ハリ対策の成分が配合されているかもたるみ取りには重要です。

高保湿でたるみ取りに効果的な成分としては、セラミドやヒアルロン酸などがあります。

ハリ対策でたるみ取りに効果的な成分としては、ビタミンC誘導体、レチノールなどがあります。

これらが配合されている化粧品であり、かつ続けられる価格帯のものを選ぶようにしてください。

なぜかというとたるみ取りはすぐにかなうわけではなく、最低2か月程度は続けないといけないためです。

いくらよい化粧品でも、続けられないような価格では意味がありません。

コストパフォーマンスも重視してたるみ取り化粧品は探すようにしましょう。

そもそもなんでたるみができる?原因はこれ!

目の下のたるみはそもそもなぜできてしまうのでしょうか。

目のまわりの筋肉が衰えたからというのが大きな原因ですが、それ以外にも原因はあります。

大きな原因としては以下の3つが考えられます。

・まばたきの減少による筋力低下

まばたきをするのも目のまわりの筋肉を使います。

ですが現代はスマホやパソコン、テレビなどを長時間見る人が多く、まばたきの回数は減少傾向にあります。

まばたきが少ないと、目のまわりの筋肉も使われないので、筋力が低下し目の下がたるんでしまうのです。

また、日本人は表情の作り方が欧米人に比べて小さいのに、まぶたの脂肪が多いため、目のまわりの筋肉が衰えやすいという特徴もあります。

・老化や乾燥、刺激による皮膚のたるみ

加齢とともに肌の水分量は減少します。

すると肌が乾燥気味になり、ハリや弾力が失われてしまいます。

また、メイクや洗顔、クレンジングなどにより目のまわりをこすってしまうとそれも肌には大きな負担となります。

ハリや弾力が失われたことが原因で、目の下がたるんでしまうのです。

・眼窩脂肪の増加

目の下にある脂肪を眼窩脂肪とよびますが、ここの脂肪は加齢とともにふくらむ傾向にあります。

すると目の下の皮膚が膨らみ、たるんだように見えてしまうのです。

たるみに効果的なクリームや化粧品、グッズはある?

目の下のたるみには化粧品選びが大事とすでにお伝えしましたが、アイクリームという目元専用の化粧品を使うのもおすすめです。

アイクリームは繊細で皮膚が薄い目元専用にできている化粧品なので、特に効果があります。

通常の化粧品に加えてアイクリームをプラスすると特に効果的です。

アイクリームも、通常の化粧品同様、保湿効果とハリ効果があるものを選んでください。

また、グッズとしては、振動を与えて目元の筋肉を動かす美顔器や、眼輪筋エクササイズをサポートしてくれるグッズなどがあります。

ネイルで目の皮膚を傷つけないか心配な人や、よりエクササイズ効果を高めたい人はこうしたグッズを使うとよいでしょう。

電池のいらないグッズなら値段も安く、ランニングコストもかかりません。

いかかでしたか?

目の下のたるみは見た目年齢を大きく左右します。

今回紹介した方法やエクササイズでたるみ解消を目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする