小顔ベルトの効果とは?顔ローラーとの比較もしてみました。

小顔になりたい女性にとって、小顔ベルトは気になるアイテムですよね。

美容整形などと比べても安上がりですし、実際に顔にアプローチするので効果もありそうな気がします。

でもいざ購入するとなると、本当に効果があるのか、どう使えばいいのか気になりませんか?

今回は効果のほどや正しい使い方、顔ローラーとの比較などもしてみました。

購入の参考にしてみてくださいね。

小顔ベルトの効果とは?

小顔ベルトにはどのような効果があるのでしょうか。

買う前にはまずこの点が気になりますよね。

様々な商品を調べてみたところ、以下のような効果が期待できるとわかりました。

・むくみ解消効果
・血流改善効果
・たるみ引き締め効果
・歪み改善効果
・発汗効果
・リフトアップ効果
・二重あご解消効果

こうした効果がすべて感じられるわけではなく、商品ごとに感じやすい効果というのもあります。

サウナタイプと呼ばれる小顔ベルトは発汗効果をメインにしていることが多いですし、逆にリフトアップや引き締めをメインの目的にしている小顔ベルトもあります。

自分の顔悩みはどこを解消すればいいのかをまず分析すると効果的な小顔ベルトが選べるかもしれません。

効果的な使い方を知っておこう

小顔ベルトを使うときは、効果的な使い方を知って使うのも非常に重要です。

小顔ベルトの種類によって使い方も異なります。

大きく分けると、

・使用時間が長いほど効果が高まるタイプ
・使用時間は短めで繰り返し使うタイプ

の二種類に大別できます。

使用時間が長いほど効果が高まるタイプというのは、寝ながら使えるというタイプの小顔ベルトに多く見られます。

寝ながら使うというのは、かなりの時間使うことになります。

なかには24時間着用してもOKという商品もあります。

こうした小顔ベルトを使うときは、自宅にいるときはずっと着けるなど、なるべく長く使うという使い方がおすすめです。

ただ発汗も促すタイプの場合は、汗をかいて蒸れてくるので、長く使えるとあっても定期的に外して小顔ベルトと顔をお手入れした方がよいでしょう。

汗がついたままだと小顔ベルトも劣化が進みますし、肌にもあまりよくありません。

一方、使用時間は短めの方がよいというタイプは、締め付けがきつめのコルセットタイプによく見られます。

顔全体を覆うなど、面積が大きいものも、ある程度の時間で使用を一度やめるという使い方がいいようです。

締め付けが強いと気持ち悪さや頭痛、関節痛といったトラブルが起きる可能性も高くなるので、使用時間はきちんと守りましょう。

もちろん、長く使った方がいいというタイプでも、痛みなどの異変を感じたら使用をストップしましょう。

基本的には商品に書いてある使い方を守るのが肝心です。

口コミでの評判はどうなってる?

本当に効果があるのか見極めるのに便利なのが口コミですよね。

口コミには使用者の正直な感想が出ているので、良し悪しを見極めるのに非常に便利です。

小顔ベルトに関する口コミをチェックしたところ、悪いものも良いものもありました。

商品ごとに違う口コミが出るのは当たり前ですが、小顔ベルトというジャンルで見ると、即効性があるものと、効果が出るのに比較的時間がかかるという二つのタイプがあるのが分かりました。

いくつか口コミをピックアップしてみましょう。

・良い口コミ

「適度な圧迫感があり、引き上げてくれる感じがいいです。つけて寝た後はフェイスラインがきゅっと引き締まっている感じがします。」(寝るときにつけるタイプ)

「寝ている時着けていたら、すごく汗をかいてたるみが少しすっきりした気がします。あといびきが気になっていたのですが、口を閉じさせてくれるせいかいびきがなくなったのは思わぬ効果でうれしかったです。」(寝るときにつけるタイプ・発汗作用もあり)

「つけてすぐに効果が出るわけないと思ってましたが本当に変わりました…他人から見てわかるかはわかりませんが少なくとも私にはわかる変化です!一枚が高いのですがこれだけ効果があれば納得です。」(1時間ほどつけるタイプ、ゲル素材あり)

効果を感じた人は、比較的早く効果を感じたため続けているという人が多く見られました。

やはり効果が出ないとモチベーションも高く保てないので、ある程度即効性があるかというのは重要なポイントといえるでしょう。

・悪い口コミ

「他の人がなんであんなにいい口コミなのかわからないです。安いけどその分の効果だけで、単にきついだけだしむしろ別のしわができそうです。」(寝るときにつけるタイプ)

「耳の穴が合わないのでつけていると圧迫感がすごく、耳鳴りもあります。私には合ってないです。」(リフトアップタイプ)

「確かに汗はかくんですが、それだけって感じで、小顔効果はあんまり感じられないと思いました。」(発汗タイプ)

顔にうまくフィットしない、効果が出ないという口コミが多くありました。

顔に合わないというのはしょうがないですが、効果が出ないのは使用期間が短いからという可能性も考えられるので、一概にはいえないですね。

どんな種類があるの?

小顔マスクは、効果でいうと

・リフトアップタイプ
・発汗タイプ
・脂肪燃焼タイプ

の三種類に分けられます。

リフトアップタイプは、その名の通り、物理的な力で肌やお肉を持ち上げ、リフトアップさせることにより小顔効果を出す種類です。

あごから耳まで、もしくは後頭部までをサポートすることが多く、寝ている間につけるタイプのものもあります。

発汗タイプは顔全体を覆って発汗を促すことにより、むくみや脂肪を取り除き、小顔にしてくれる種類です。

入浴中に使うことを推奨されていることが多くなっています。

リフトアップタイプも発汗作用がある種類があります。

脂肪燃焼タイプは、ゲルなどに脂肪燃焼効果のある成分を配合させてあり、つけることで外側から脂肪を燃焼し小顔にしてくれる種類のことです。

他のタイプは洗って繰り返し使えることが多いのですが、このタイプはゲルから成分が肌に浸透してしまうので、一回使い捨てとなっていることが多いです。

ランニングコストはかなり高くなりますが、その分効果は高いと感じる人が多いです。

自分の悩みは何かに合わせて選び分けるとよいでしょう。

顔ローラーとどっちがいいの?

同様に小顔にしてくれるグッズとして、顔ローラーと呼ばれる製品もあります。

美顔ローラーなどとも呼ばれていますね。

小顔ベルトとどっちがいいの?と思う人もいるかもしれません。

結論から言うと、「強さや部位を調節したいなら顔ローラー」、「手間暇をかけたくないなら小顔ベルト」ということがいえます。

顔ローラーは、代表的なものにリファカラットなどがあります。

こうした顔ローラーは自分で部位や強さを調節できるというのがメリットです。

顔だけでなく、足や首、二の腕、デコルテ、頭皮などもできるので様々なところをケアできます。

ただ自分でコロコロとしないといけないので、家事やデスクワークをしつつというのはなかなか難しいです。

リラックスタイムのおともには悪くないですが、忙しいという人には向いていないかもしれません。

一方、小顔ベルトはつけっぱなしでいいというのがメリットです。

寝るときにつけるタイプなどならば手間はほとんどかかりません。

ですが変なつけ方をしていたりすると逆に歪む可能性もありますし、他の部位に使ったり調節したりするのには不向きです。

どっちがより優れているかというわけではなく、どっちにもメリットデメリットがあるということですね。

どっちがいいか迷ったときは、自分はどんな感じで小顔になりたいのか、どれくらい労力をかけられるのか考えてみるとよいでしょう。

いかかでしょうか。

小顔ベルトは小顔になりたい人にとって便利なグッズですが、顔ローラーも悪くなさそうですね。

メリットデメリットや特徴をふまえて選び分けるとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする