本当に効くリフトアップマッサージ方法をご紹介!

リフトアップマッサージと聞くと手で皮膚を持ち上げて何回もマッサージしないといけないイメージですよね。

なかなか毎日続けるのは面倒だし効果も実感できなくて辞めちゃったって人は多いんじゃないでしょうか?

ですが正しいマッサージをすると即効性もありリフトアップすることができます。

まずは自分のお肌がこれ以上たるまないように、たるみの原因を知ることから始めましょう。

たるみの原因によってマッサージのやり方が違う?

たるみにはさまざまな原因で起こるようになっています。

これからリフトアップマッサージをする上で、あなたのたるみの原因を診断します!

『乾燥たるみ肌』

乾燥たるみになっている人は次のような症状が上げられます。

・肌を触るとかさかさやごわごわしている

・疲れている時や季節の変わりめは肌が荒れる

・くすみや透明感がない

乾燥たるみは肌の角質が乱れることによってバリア機能が低下しているのが原因です。

きちんと水分や油分を補ってリフトアップマッサージをしましょう。

『ゆるゆるたるみ肌』

ゆるゆるたるみ肌になっている人は次のような症状が上げられます。

・太っていないのに丸顔や下ぶくれ化している

・肌が引き締まっていなくて、もったりしている

・ほうれい線がくっきり刻まれている

肌がもったりしているのは、肌を支えている皮膚のハリが衰えています。

リフトアップマッサージをする時は、肌を引き締めてくれる美容液などを用いてするのがおすすめです。

『シワがあるたるみ肌』

シワがあるたるみ肌になっている人は次のような症状が上げられます。

・肌が元気がなく、ハリや弾力も足りていない

・深いシワが目立つ

シワがあるたるみ肌は、肌に近い細胞レベルで浸透し活力を与えてくれるスキンケアをしてリフトアップマッサージを行うといいです。

『しぼみたるみ肌』

しぼみたるみ肌になっている人は次のような症状が上げられます。

・肌がしぼんでやつれたように見える

・体重は変わってないのに痩せたと言われる

・目元がくぼんできたように感じる

しぼみたるみ肌はコラーゲンやエラスチンが減り、肌の層がしぼんでいったタイプです。

肌をふっくらさせてくれるコラーゲンやエラスチンを活性化してくれるスキンケアで対策してリフトアップマッサージをしましょう。

原因別でケアをご紹介!マッサージのやり方と効果!

自分のたるみ肌の原因が分かったら、マッサージをする前にケアをしましょう。

『乾燥たるみ肌』

乾燥肌の人は吸着保湿成分のある洗顔を選びましょう。

肌に吸着することでメイクや毛穴汚れをしっかりと落とし、今まで洗顔で奪われてきた潤いを逃さずしっとりモチモチの肌に導きます。

それと同様に乾燥肌の人は、化粧水を手のひらで付けていくのではなく、コットンで押し当てて馴染ませるのがいいです。

そうすることでムラなく付けることができます。

『ゆるゆるたるみ肌』

ゆるゆるたるみ肌は基本的にスキンケアは顔の中央からこまかみに向かって引き上げながら行いましょう。

スキンケア中はできるだけ顔を上向きにして、肌を上向きに形状記憶する気持ちで行うことが大切です。

『深いシワたるみ肌』

深いシワたるみ肌はスキンケア前に肩甲骨のストレッチがおすすめです。

それは肩や首、顔周りの筋肉はほぐれリフトアップ効果があります。

また肩甲骨のストレッチをした後は、首の後ろに蒸しタオルを当てて、代謝と浸透力を高めるとさらに効果があります。

『しぼみたるみ肌』

しぼみたるみ肌は少しでもやせた肌に行き渡るように、スキンケアは手のひらに出して体温で温めてから使うと、浸透力もアップできます。

また顔のスキンケアの流れで耳を指先でマッサージすると、巡りがアップし効果が上がります。

【マッサージ方法】

顔のたるみで最も効果があるのが、実は頭皮マッサージなのです。

顔を一枚で繋がっている頭皮をマッサージすることによって、顔の皮膚が持ち上がり小顔にも効果があります。

しかも頭皮マッサージはリラックス効果もあるので、リラックスも出来てたるみにも効果あるなら実践すべきです!

美顔器を使ってリフトアップ!

たるみは気になっているけど、エステに通ったり効果なエイジングケアはなかなか手が出せないと思う人も多いと思います。

そんな人には家庭用美顔器を使ってリフトアップと効果はさらに高まります。

ですが家庭用美顔器というと今はさまざまな種類があり高価なものから安価なものまであります。

どの美顔器を選べばいいのか迷っている人は、おすすめの家庭用美顔器をご紹介していきます。

まずはコロコロ美顔ローラーです。

こちらはコロコロするだけで顔の血行促進やリンパの流れをよくすることに特化しています。

コロコロ美顔ローラーは、気軽にどこでも始めたい人におすすめです。

また「マイクロカレント」という機能が搭載されているコロコロ美顔ローラーは肌が敏感な人でも、たるみを効率良く改善してくれるのでマイクロカレントに注目して選ぶといいです。

続いて超音波美顔器です。

超音波美顔器は、ヘルツといった単位の細かい振動によってリフトアップさせる美顔器です。

肌に滑らせるだけで細かな振動が皮膚の深い部分に伝わり効果が出てくるので、簡単で誰でも効果が実感したい人におすすめです。

またイオン導入タイプのものを選べば、超音波マッサージと一緒に美容液の浸透もアップさせてくれます。

最後はレーザー美顔器です。

レーザー美顔器とは毛穴の黒ずみを改善しながら、リフトアップさせてくれる美顔器です。

レーザー美顔器を選ぶ時は、シミを消す効果があるものを選ぶと、リフトアップをしながらシミにも効果があります。

ただレーザー美顔器は効果は高いものの、他の美顔器を比べて注意が必要です。

・妊娠中、生理中など肌が荒れているとき

・敏感肌の人

・肌に違和感を感じている時

・乾燥肌、敏感肌、ニキビ肌の人

は時に注意が必要です。

リフトアップ化粧品の使い方と効能

リフトアップ化粧品とはお肌にハリを与えてくれて、老化が目立つお肌も改善できるという効能があります。

その中でもリフトアップに最適な化粧品はクリームです。

リフトアップクリームを使うことで年齢やさまざまな原因で起こるたるみに、お肌の表面から強化してくれるだけではなく、お肌の奥にも浸透する良い成分が含まれているので、老化防止の効能を実感できます。

リフトアップクリームは正しい使い方でお肌への効果が変わってきますので、学んでおきましょう。

リフトアップクリームの化粧品を正しい使い方は、ただ塗るだけじゃなくお肌の下から上に向かって使用することで、お肌の繊維や筋肉に影響を与えず肌にハリを取り戻すことができ、美肌が手に入ります。

また塗る前は手に取って温めてから塗ると、さらに浸透力も高まりますのでおすすめです。

リフトアップクリームを温めないまま使ってしまうと、肌に刺激を与えてしまいさらに老化を引き起こす原因となります。

肌ケアを行うときは、お肌に刺激を与えないことが一番大事なので、クリームを使用するときは必ず手の上で温めてから使うようにしましょう。

リフトアップクリームがやわらかいテクスチャーのものを選ぶと、さらに肌への刺激が無くなるので、そういった化粧品を選ぶといいかと思います。

リフトアップ手術フェイスリフトとは?

いくら努力でリフトアップをしていても、時間がかかるし美容整形並みの変化は得られません。

美容整形は費用はかかるが、即効で効果を実感できるし、長持ちするので自分でやらなくていいから楽ですよね。

そこで今回はリフトアップの中でもフェイスリフトという手術方法をご紹介します。

フェイスリフトとは、しわ・たるみに最も効果的な方法です。

これをすると「10歳は若返ると」と言われています。

またたるみの原因である余分な皮膚を除去し、リフトアップさせます。

手術はメスを使うので、傷口はできてしまいますが、髪で隠すことができるので目立ちにくいというのが特徴です。

続いて手術の流れについてです。

1、たるみを引き上げます

2、引き上げていらない皮膚を除去します

3、たるんだ筋肉の層も引き上げます

4、たるみが取れシワも綺麗に伸びます

フェイスリフトはシワやたるみを解消するのに最も効果的な手術方法です。

ですがリスクやダウンタイムもあるし、費用もかかるので慎重に検討が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする